« 背中のトレーニング2 | トップページ | 背中のトレーニング3 »

2005年6月 1日 (水)

筋トレ後の有酸素運動

 昨日、逆手でのクローズグリップチニングは30回できます、などと言ったものだから、自分に、「ほんまかいな。はったりちやうやろなー。」と詰問口調で問うてみました。

 やせるドットコムは、本日は丁度背中のトレーニングの日だったのです。今日は朝から嫁さんを腰痛治療のために病院まで送るためちびっと早く起きたので1時間いつもよりも睡眠時間が少なく、こんな日にチニングとはと思っていたのですが、そこはファンケルのマルチビタミン、これを5粒ほどごくりと飲んで、1日オシッコまっ黄色ですなー。いやいやそーではなく、いつもよりも調子が良かったのです。



 そこで、逆手クローズグリップチニングに真剣に挑戦してみました。

 BodyMakerのグローブをキュキュっと締め、「しゃーらさ!」といつもの掛け声で気合を入れ、鉄棒に飛びつきました。



 しゃて、結果ですが、なんとかできましたなー30回。でもそれ以上はとてもじゃないですけど無理でした。1分ほど休んでワイドグリップで再びチニングに挑戦しましたが1回できるかできないかでしたぞい。まあこんなもんでしょう。

 しゃてしゃて、nice-bodyしゃんから質問がありましたなー。背中のトレーニングを見直す前に宿題を片付けましょうかー。

Q:筋トレ後の有酸素運動は、あまり長い時間やら無い方がよい、と聞きました。いかがなものでしょうか?

 ということでしたね。

いくつか答えのための材料を集めてみましょう。

まず、筋トレしている者にとって有酸素運動が必要か否かということですが、ボディービルダーの故マイク・メンツァーは「やるな。」と断言しています。しかし、これはすでにムキムキの身体を手に入れた人間の話であり、私を含め未だ発展途上の身体の場合には別の答えがあるべきでしょう。私は、必要だと思います。なぜか、有酸素運動をやることによって最大酸素摂取量が増大するからです。
最大酸素摂取量の増大は、同時に動員できる筋肉を多くします、そして酸素の量が多くなるわけですから疲労回復も早くなります。この点からも有酸素運動は必要です。

しかし有酸素運動をやり過ぎるとどうなるか、私の場合は70kgから62kgまで絞ったとき同時に筋肉も一緒に落ちました。ただ、これは筋肉を修復させるだけの栄養素=タンパク質の摂取までも控えたからだとコーチに教えてもらいました。

一方、ビルフィリップスのBody for Lifeでは有酸素運動は20分でよいとあります。短すぎますなー。でも彼はこれを提唱しているのです。理由は1時間も20分も効果はいっしょだとありました。

Body For Life For Women: A Women's Plan For Physical And Mental Transformation

新品価格
¥921から
(2011/8/22 21:32時点)

Body For Life: 12 Weeks to Mental and Physical Strength

新品価格
¥1,855から
(2011/8/22 21:31時点)

んーーん分からんとずーっと思っていたのですが、答えは意外にもNHKの驚異の小宇宙人体の中にありました。

NHKスペシャル 驚異の小宇宙 人体 DVD-BOX

新品価格
¥19,453から
(2011/8/22 21:33時点)

皆さんは赤筋と白筋の話を覚えていますか?そう、赤はマグロ=遠泳=マラソン選手、白は、逆に瞬発力のある力、筋トレで鍛える筋肉、短距離選手です。

今まで、赤筋と白筋の比率は遺伝的に決まっていて、その比率は生涯変化はないものだと言われていました。短距離の選手か、マラソン選手かは生まれた時に決まっていると思われていたのです。しかーし、最近の動物実験で、白筋(筋トレの筋肉)に軽い刺激を与え続けると赤筋(マラソン選手の筋肉)に変わることが分かったのです。しかも、赤筋から白筋に変わることはほとんどないことも分かりました。

A:つまり、有酸素運動を多く続けていると、せっかく鍛えた筋トレの瞬発力の筋肉=白筋が、赤筋=マラソン選手の持久力用の筋肉に変わってしまので、長時間はやめたほうがいいようです。

フローレンス・ジョイナーはマラソン選手へ転向することはできても、高橋尚子が100m走の選手になることはできないのです。

以上のことより、筋トレで肥大させたバーベル用の筋肉が減るから、長い時間の有酸素運動は毎回やってはいけない、目安は20分以内。やせるドットコムの推奨です。

賛否両論あると思いますが、ここ2日でざっと3冊ほど専門書を読んでみましたらこんな結果になりました。ふー。

勿論短い時間でも有酸素運動をやるなら、筋トレの後が脂肪燃焼に効率がいいのは言うまでもありません。

banner皆様のぽちっのお陰で12位でキープですぞい。皆しゃまーぐらっちぇ!

|

« 背中のトレーニング2 | トップページ | 背中のトレーニング3 »

やせる理論」カテゴリの記事

コメント

nice-bodyしゃん、ブロウしゃんこんにちは。

「有酸素運動をすると=筋肉が減る」ではないようですので、それほど心配する必要はありません。

「有酸素運動をし続けると=白筋が減る」と思って下さい。

従って、筋トレの日に有酸素運動を行っても全く構いません。逆に筋トレした後で、白筋が減るほどの時間の有酸素運動はできないのではと思います。

私は、筋トレした後、20分からたまーに調子がいいときは40分ほど有酸素運動することもあります。

ただ、この時間についてはまた調べておきます。

筋トレ後の有酸素運動だめ伝説発祥の地に、やせるドットコムがなりませんように・・・。

投稿: t-baby | 2005年6月 1日 (水) 22時50分

私が今行っているジムでは、師匠のような元気いっぱいのマッチョさんをジムのウエイトエリアで全然見かけないのでさみしいです。

いい質問といい回答でためになります。
そうすると、週4日の運動だとして3日を筋トレに当てると有酸素運動オンリーの日が少なくなってしまいますね。
またまたメニューを見直す必要がありそうです。
師匠、nice-bodyさん、ありがとうございましたー!

投稿: ブロウ | 2005年6月 1日 (水) 20時28分

ありがとうございました!
物凄くよくわかりました。
せっかく鍛えたのに、その後のたっぷりの有酸素運動で、
白筋が減少してしまうのは、悲しいですね。
有酸素運動メインの日を別枠で設定する必要がありそうです。

投稿: nice-body | 2005年6月 1日 (水) 04時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/40939620

この記事へのトラックバック一覧です: 筋トレ後の有酸素運動:

« 背中のトレーニング2 | トップページ | 背中のトレーニング3 »