« 自彊術 | トップページ | ヘルニアの原因は何か? »

2005年5月15日 (日)

電気の力を利用する。

 やせるドットコムもとうとうへたれたかと思われるかもしれない。へたれたのは私ではない、嫁さんだ。腰のヘルニアになってしまったようだ・・・。

 私が首のヘルニアになった3年前、ヘルニアについては相当研究し、その予防のためにも少しずつトレーニングを強化して完治した。腕の痺れも遠い昔の出来事として感じていた。今から思えばヘルニアなんざー、筋肉のつき方のバランスが悪く、姿勢が悪い奴が神様からペケを頂くようなものさー、って思っていたら、灯台元暗しである。

 「腰や足の痛さに比べれば、腕の痺れなんぞ序の口よ!。」とか、「腕が痺れていても歩けたでしょう!。」などと、患部比べである。

 でも、仕方ないです。椎間板ヘルニアは、外から見た姿は全く変わりはありません。骨が折れているわけでも、傷がついているわけでもないのです。健常者と全く変わりませんが、神経が圧迫されているので、全く痛くないところが痛いと脳が感じる病気なのです。

 圧迫している原因を除くか=手術、痛さを伝えている神経をブロックするか=ペインクリニックでブロック注射、神経を圧迫している髄核を血液の中のマクロファジーに食べてもらうか=自然治癒しかありません。

 ブロック注射をする前に、いくつかの痛さを緩和する方法があります。椎間板の中ががつぶれているわけですから、上下から引っ張ってつぶれを幾分か直す方法です。牽引です。私はあご吊り状態になりましたが、これは気持ちよかったです。

 それから、鍼ですなー。しかし、これは高い。そして、お灸ですが。嫁さんにお灸をしたらやけどしてしまいました。ごめんなさい。タバコのプチ根性焼きですなー。

 といろいろ考えた結果、低周波治療器を買ってきました。そして、腰痛と足痛でフィットネスクラブに行けない嫁さんの筋力不足を、運動しないで解消するためにEMSです。
 
 この続きはまた明日。アディオスアミーゴ!



bannerBlogランキングに参加しています。

|

« 自彊術 | トップページ | ヘルニアの原因は何か? »

腹筋が割れるまで」カテゴリの記事

コメント

ブロウしゃんもnice-bodyしゃんも、お心遣いありがとうございます。

幸い手術の必要はないようですが、ヘルニアは手術以外ではゆっくーーりと治っていく病気なのでまあしばらくは、土曜日日曜日は家事(そうじ・洗濯・炊事・後片付けなど)を一手に引き受けてサポートしていきたいと思います。

投稿: t-baby | 2005年5月17日 (火) 08時04分

奥様、大丈夫ですか?
知人にもおりマッスルが、
ヘルニア辛そうですね。
返って、痩せてしまったほどです。

お灸は、まだ市販されているか不明ですが
「カマヤ・ミニ」っていうのがありマッスル。
やけどの恐れはありませんが・・・

早く快復されるとよいですね。お大事に・・・

投稿: nice-body | 2005年5月16日 (月) 03時59分

お嫁さん、心配です。
字面を見るだけでも痛さが伝わってきます。
身近な人で「ヘルニアの気」がある人がいますが、
それでも相当キツイらしいですから。
どうぞお大事になさってください。

投稿: ブロウ | 2005年5月15日 (日) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電気の力を利用する。:

« 自彊術 | トップページ | ヘルニアの原因は何か? »