« 目標達成!70kg⇒62kg減量! | トップページ | 風邪ひいてもジムに行く! »

2005年2月12日 (土)

クレアチンの謎3

 「また同じ写真をフォトショップで色調整して出してきたんと違うん!」と一瞬思うほど昔の写真とポーズが同じでしたなー。

2年前                  2005年1月末日 64.7kg
man35

2005年2月10日  62.5Kg
man39

 しかし、皆さんよーく見てください。最後の写真には右腕に、人間ドックの血液検査の後の絆創膏が貼ってあります。やせるドットコムは嘘はつきません。もちろん身体もナチュラルです。

 しゃて、今日はクレアチンの話の続きである。コーチからさらさらの白い粉を紹介されたやせるドットコムは、覚せい剤と勘違いして、コーチに詰め寄る大失態を演じたのである。それがクレアチンであることが分かり、やせるドットコムは「瞬間的に力が出せるようになる」その秘密に興味しんしんになっていたのである。

「クレアチンって何が入っているのですか。」t-babyは目をキラキラさせながら尋ねた。
「私もクレアチンの化学式はいくらなんでも覚えていませんが、物質としては1種類の分子構造のはずです。」なるほど、t-babyは共通一時の化学は100点満点中99点だったが、化学Ⅱは大の苦手で亀の甲羅が出てくると蕁麻疹ができるくらいだった。化学式は知らなくてもよい。その働きが知りたいのだ。

「なんで、爆発なのですか。」

「t-babyさんは、原子力発電で、再処理によって使用済燃料からプルトニウムやウランを回収し、これを再利用することによって、ウラン資源の有効利用を可能にしていることを知っていますか。」コーチは何でも知っているなー。私も少しは知っている。

「知っています。」

「バーベルやダンベルを持つと筋肉はATPというエネルギーを使います。筋収縮によりATPがATDという疲労物質になるのですが、クレアチンがこのATDを再び瞬時にATPに変えてくれるのです。再処理です。従って、持久力や特に爆発的な瞬発力に効果があります。」

「タンパク質よりもいいのですかー。」と聞くと。

「タンパク質とは違った効果があるというのが正解です。タンパク質は筋肉を作りますが、クレアチンは筋肉の力を発揮させる力があります。つまり超回復させる前に、重いダンベルを持たせてくれるので、逆説的に疲労(=筋肉破壊)をピークにもっていけるのです。」

「なるほど。」t-babyは叫んだ、その声の中にはすぐに買おうという意志が表れていた。
「どこに売っていますか。」と聞くと。コーチは少しがっかりしたような顔をした。

「このクレアチンは、個人輸入で買っています。t-babyさんにはまだ必要ないでしょう。まずは、自分の体重の1.3倍以上のベンチプレスができるようになってください。」


 当時クレアチンはまだサプリメントとして日本ではあまり売っていなかったようだ。クレアチンが食品として認可されたのは、まだ後だったのだ。

 続く。

bannerBlogランキングに参加しています。今日もポちっとお願いします!

|

« 目標達成!70kg⇒62kg減量! | トップページ | 風邪ひいてもジムに行く! »

フィットネスことはじめ」カテゴリの記事

コメント

 誰かが気がついてくれると思って、わざと間違えていました。(嘘です。)

 こんにちは、パーソナルトレーナを目指している小久保淳平さん。いいですなー!若くて。私の半分以下の年齢でくやしいくらい羨ましい限りです。その頃の私はぐーたらしてました。

 しゃて、他のどのネットでもADPですなー、申し訳ございませんでした。

http://www.nissin-yk.co.jp/qa.htm

でも

2.結合したリン酸をADPに引渡し、パワーの源、ATPへと再合成させる。

リン酸と結びついたクレアチンはクレアチンリン酸というかたちで細胞内に蓄えられます。そして、今度はATPの分解によって生じたADP(アデノシン-2-リン酸)に再びリン酸を受け渡します。その結果、ADPはATPに再合成され、パワーの源として活躍するのです。

 とあります。かんじぇんに私の間違いです。ありがとうございました。小久保淳平さん、また「そりゃー、違いまっせー、おっさん!」といつでも突っ込みを入れてくだされー。

 ありがとうございました!。勉強頑張ってくださいねー!。

投稿: t-baby | 2005年2月13日 (日) 21時39分

はじめまして!
ブロウさんのブログから飛んでまいりました、小久保と申します。
自分も今減量中ですが、なかなかうまくいきません。なんとか現役当時の体に戻したいとは思っているんですが。
クレアチンについてはまだ詳しくはないんですが、クレアチンを摂取するとTCA回路に作用して疲労が早く取れると聞いたことがあります。
それと、打ち間違えかも知れませんが、ADTではなくADPです。ATPはアデノシン三リン酸、ADPはアデノシン二リン酸です。

投稿: 小久保淳平 | 2005年2月12日 (土) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/40939511

この記事へのトラックバック一覧です: クレアチンの謎3:

» 個人輸入!? [nasa0701.com]
最近、とある方から個人輸入なるものを教えて頂きました。 もともとアメリカにとてつもない憧れを抱いていた私としてはかなり衝撃的なことでした! こんな手軽にアメリカ... [続きを読む]

受信: 2005年2月12日 (土) 22時55分

« 目標達成!70kg⇒62kg減量! | トップページ | 風邪ひいてもジムに行く! »