« あぱっれ井上康生! | トップページ | 恐るべき爺さん! »

2005年1月12日 (水)

モチベーションの維持について

bannerBlogランキングに参加しています。墜落中!。

 nice-bodyさんから、「トレーニングってかなり孤独な作業だな~」そして、「挫けそうになる」と問題提起がありましたので今日は少しモチベーションについて、私の考えをご紹介しましょう。

 人間のモチベーションについては心理学の時間に習いましたが、K.レヴィンとう人が現代心理学の中では有名です。その人は、モチベーションは①生理的な欲求を満たそうと生じるものと②他人に認めてもらいたいという時に生じる2つがあると言っています。

 私の筋トレの最初のモチベーションは、①の生理的な欲求からきていました。私の体重は15年前会社に入社した当時52kgでガリガリでした。大学時代もコーラス部だったので、大学の体育の授業以外ほとんど運動していませんでした。しかも原付バイクに乗っていたので、体育の授業が無くなった3回生、4回生、それから+2年間は全く運動しませんでした。

 するとどうなったか、田舎に帰省して、高校時代に行った本屋さんに行くまでの坂を自転車で登れなくなっていたのです。こんな身体ですから、会社に入ったら、とんでもないことが起きました。背中がとにかく痛いのです。首、肩、腰に毎日サロンパスを貼っていました。

 私は、多分運動不足だと思い、勤務地が変わったタイミングで自分を変えようと思いました。エステに行くか(今から思えば馬鹿みたいですが)、筋トレするかで迷いましたが、エステは半年で50万円することが分かりやめました。

 コーチについて、3ヶ月、nice-bodyさんのように本当に真面目に週に3回きちんと通っていました。すると3ヶ月であれほど痛かった背中の痛さが全く無くなったのです。

 生理的な欲求=背中の痛さがなくなることが満たされた訳ですから、しばらくジムに行かない日が続きました。でも2、3週間するとまた背中が痛くなるのです。それでまた行くようになりました。これで、少しずつ身体には運動が必要なのだということが分かってきました。

 しかし今度は②の他人に認めてもらいたいという欲張りな欲求が出てきたのです。まだ自分では全くすごい体と思っていなかったある日、取引先の営業の方とばったりジムで会いました、その時、「ええー身体してますねー。」と言われたのです。「まーた、営業トークを、さすが営業マンは違うなー」と思いましたが、しばらくして、ジムを見学に来ている若者に「あの人もいい身体してますよねー。」と指さされたり、プールで「おおーっ」という目で見られたり、会社のキャンプで上半身タンクトップで出たときにびっくりされたり、とこのような機会が増えてくると、鍛えるとやっぱり身体は変わっていくものだとそれこそ客観的に認識できるようになってきたのです。

 そこで、もっともっと鍛えようとなっていくわけですが、更にモチベーションを高めるために最後はまだまだしょぼい身体なのにブログまでやっていたりします。

 ①と②の違いは、②には他人が介在している点です。多分自分一人だけではモチベーションを維持することはできないでしょう。

 思い起こせば、トレーニングジムでの仲間も非常に大きなモチベーションの維持につながっています。情報の交換や、相手の持つダンベルの重さなども材料です。

 nice-bodyさんが孤独だと思うのも無理ないと思います。それは挫けているのではなく、モチベーションの維持につながる材料が少ないのではないかと思います。工夫できることとそうでないことがあるかもしれませんが②がヒントになればと思います。

 (1)フィットネスクラブにはトレーニングコーチがいます。
   多分ローテーションでやっていて、同じ時間でも人が
入れ替わると思いますから、色々なコーチにアドバイ
   スをもらう、あるいは、サポーティングをやってもら
   う。目標を共有してもらう。などコーチを巻き込むの
   も手です。目標は、いついつまでにこうなるという無
   理のない適切な目標を立ててくれます。

   特に女性スタッフならば、声もかけやすいでしょう。

 (2)後は、少し時間帯を変えて、男性と混じってやるのも
   手ですが、これは少し窮屈かもしれません。かなり勇
   気が要ります。

 (3)スタッフに、女性でトレーニングしている人を紹介し
   てもらうというのもいいかもしれません。

 後は、もう小手先になりますが、実は、私もトレーニング歴13年の間2、3ヶ月は休んだことがありました。病気の時は半年くらい休みました。その時は、またその時からはじめればいいと思う軽い気持ちになるしかないです。

 それから、トレーニング日誌というか記録はつけていました。

 (4)○月○日 ベンチプレス15kg、スクワット30kg、体重
   56kg、体脂肪率18%などです。これはたまると効いて
   きます。グラフにすると面白いです。

 (5)健康診断の結果の数値がよくなるというのも励みにな
  りました。絶対数値はよくなります。

 (6)あとは、それを発表するなどもいいですね。私のしょ
  ぼい腹筋でも、「見ましたよ腹筋」とか言われるとや
  る気が沸いてきます。

 nice-bodyさんもトレーニングお仲間です。励ましあいながら、頑張っていきましょう。また、いつでもおより下さい。

|

« あぱっれ井上康生! | トップページ | 恐るべき爺さん! »

やせる理論」カテゴリの記事

コメント

nice-bodyさんこんにちは!

いやいや、ネタを提供して頂き感謝しております。

私めのブログでよろしければいつでもいらしてください。

投稿: t-baby | 2005年1月13日 (木) 00時32分

貴重なお時間と大切なブログ欄を
使って頂いて、恐縮しております。
ありがとうございました。
これからも色々ご教授下さいましね。
頑張りマッスル!

投稿: nice-body | 2005年1月12日 (水) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/40939477

この記事へのトラックバック一覧です: モチベーションの維持について:

« あぱっれ井上康生! | トップページ | 恐るべき爺さん! »