« 変な夢を見た。 | トップページ | なんでダイエットに失敗するか! »

2005年1月22日 (土)

リアルウェイトの法則

 数年前スピードスケートの清水宏保選手がTVのインタビューで答えていた。当時は、EMSが爆発的に売れている時で、アブトロ3兄弟も毎日のようにTVで報告されていた。
man39

man38

その後、2002年4月18日の週刊文春の記事で出ることにもなるが、

man37

清水選手のインタビューは、国民消費者センターに「やけどした!」などといった苦情があることを皆が知らなかった時期である。

 清水選手のページ(このブログの記事とは関係ありませんが、ご参考までに)。

 このインタビューについては、私の記憶になるので、文言などは全く違うのでご了承頂きたい。私の記憶では、その時、清水選手は腰にゴムチューブをつけて柱に縛り、普通の人間ならとても動けない状態で足を引っ張りスケーティングポーズでトレーニングしていた。

その映像の後に、インタビュアーが
「すごい鍛え方ですね(or すごい太ももですねだったかもしれない)、でも今流行の電気刺激で筋肉を鍛えれば、効果的ですよ、こんなに苦労することはないと思いますが?。」

しかし清水選手は一言、

「でも、それでは、神経が鍛えられませんよね。」

 と言っていたのだ(この部分は鮮明に覚えている)。EMSで鍛えることをスパッと否定したのである。私は、プロのアスリート清水選手と一般人であるアナウンサーの知識の違いをあらためて知ったのである。

リアルウェイトの法則がある。(これは私が勝手につけた名前であるが、13年間のフィットネスの経験から導き出した、ってたぶん他の名前で誰かが定義づけているかもしれない。)

 しゃて、加圧式トレーニングの本を読んでも、ホームページにあるEMSのどの説明書を見ても、「今まで挙げることができなかったダンベルやバーベルが、急に上げれるようになる。」といった文章を見たことがない。写真は、アドバタイズとしてムキムキになった後のボディービルダーの写真を使っているが。もしそんなことがあるならば、オリンピックは新記録ラッシュとなり劇的に変わるだろう。

 しかし人間の体はよくできたもので、EMSの電気刺激で筋肉を刺激し、破壊し、筋肥大が起こったとしても、その筋肉は脳からの動かせという命令を伝える神経が接続されていないので、大して使い物にならないのだ。

 従って、脳をだましている加圧式でも、脳ではなく電気で命令を与えているEMSでもリアルウェイトでのトレーニングを併用しないと効果は出ないのだ。

 基礎代謝を上げるには、筋肥大が必須と書いたが、加えてその筋肉には神経の接続を行わないといけない。神経の接続が多くなると、何気の動作にも、多くの筋肉を動員できるようになる。これが基礎代謝を上げることなのだ。身体が軽自動車から、この車はガソリン食いすぎといったランボルギーニーのようなスーパーカーになるのだ。

 リアルなウェイトでトレーニングをしないと結果は出ない。あなたがいくら騙そうとしても身体と脳はあなたの嘘を見抜いている。だから地道にやるしかないのだ。

 地道にやれば、やがてすぐに自分が持ち上げることができる重量の変化に驚くだろう。同時に身体の変化に驚くだろう。無知だった私のように、自分はトレーニングの天才だと有頂天になるくらいだ。嘘をつかなければ、あなたの身体はそれに十分応えてくれる。

 ホモサピエンス、人間なのだから。


 追伸:今日はココログの新年会に行ってきました。えっちらほっちら、2時間くらいかけて。室井佑月さん、吉井怜さん、枡野浩一さんを目の前で見てきました。吉井怜さんは、ブログの写真で見るよりも実際はもっとヤングでしたなー。それから実は、今回新年会に行ったお目当ては佑月さんだったのですが、朝のトクダネで見るよりも、とても美しくて、色っぽかったです。んんーオーラーが違いますなー、クラクラきました。あとで私がデジカメで撮った写真をアップします。マイフォトを見てくだしゃれ。

bannerBlogランキングに参加しています。またしても26位、で字が小さくなっています。どうぞ押してくだしゃれー。お願いします

|

« 変な夢を見た。 | トップページ | なんでダイエットに失敗するか! »

やせる理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/40939490

この記事へのトラックバック一覧です: リアルウェイトの法則:

« 変な夢を見た。 | トップページ | なんでダイエットに失敗するか! »