« 腹筋やりすぎで首が痛い | トップページ | アナボリック・ステロイド考 »

2004年12月22日 (水)

介護保険制度と筋トレ

介護保険制度が変わるようだ、この法改正は来年の1月に行われるらしいが、要するにもっと自助努力しようよということらしい、「新予防給付」と呼ばれ、寝たきり老人への給付から予防でらえるお金を増やす作戦に変えていくようである。

 <フットケア>高齢者はつめの伸び過ぎや深づめにより、炎症や足の変形がある人が多い。歩行の不安定や転倒の危険につながっており、専門家が対応する。

 <口腔(こうくう)ケア>ものを食べたり、かんだり、唾液(だえき)による消化、飲み込み、呼吸などを指導する。口内炎などの細菌感染を防ぐ。

 <閉じこもり予防>脳血管疾患、転倒などによる後遺症や、活動意欲の減退、家族らとの人間関係の行き違いなどから閉じこもりは起き、さらに寝たきりにつながる。そうした要因を取り除き、活動をサポートする。

 <栄養改善>高齢者は魚や肉など動物性たんぱくの摂取が少なくなりがち。老化を遅らせるため、食生活を改善し、食生活指針を作るなど、バランスの良い食事習慣を指導する。

 <筋力向上>専用マシンを使うトレーニング。膝関節や股関節の能力を高め、歩行を安定させ、転倒や骨折を防止する。

 要するに、栄養のバランスよく食って、その後は歯を磨き、爪を切って、外に出て、とにかく筋トレせられい!ということである。今の老人はこんなことを言われんとできないほどへたれになっているようですなー。全く情けない。

 病院の待合室で爺さん婆さん達の間で、「最近、川本さん病院に来ないようになったなー。」「どっか具合が悪いん違うかー。」という話が聞けるほど病院がサロン化しているらしい。花粉症の減感作療法で月に1度病院に行くが爺さん婆さん達がおりますなー。要するに今後はこの病院を爺婆フィットネスクラブに変えればいいのだ。

 老人でも筋肉は肥大化する。これは運動生理学的にも証明されている。ただ、今まで筋トレ経験の全くない老人が急にやっても筋肉は破壊される。筋肉の破壊は不可逆ではないが、破壊された時点で修復の時間が必要になり、その間、安静にして逆に筋力が全くなくなってしまうようになりかねない。一番大切なのは、何の筋トレをするかではなく、筋トレができる状態までにどうやって導いていくかだろう。

 これは病人が体力回復するときも言えるし、トレーニングを全くしていなかった若者がトレーニングを開始したい時も言える。私自身も頚椎のヘルニアになり治療の過程で、最大負荷のダンベルを持ち上げることができるようになるまで2年弱かかった。病気の後は心理的にもダンベルの重量が怖いのである。

 そこで今日は、病気から回復した時、全く体力に自信が無い時、ヘルニアが直って少しずつ体力回復をしたい時、それからご老人で筋力をつけたい時の始まりの運動方法をご紹介しよう。

私がやったのは2つである。

真向法(まっこうほう)
自彊術(じきょうじゅつ)

決定版 真向法―3分間4つの体操で生涯健康 (健康双書)

新品価格
¥1,200から
(2011/8/22 11:46時点)

イラスト版 真向法体操

中古価格
¥205から
(2011/8/22 11:46時点)

自彊術で若返る―1日たった15分

新品価格
¥1,600から
(2011/8/23 19:16時点)

自彊術―日本最初の健康体操

新品価格
¥1,260から
(2011/8/23 19:16時点)

 なんとも怪しげな名前である。多分ヘルニアにならなければ今頃そんな明治時代みたいな名前をと馬鹿にしていただろう。しかし、この2つは体力回復には実にいい運動なのだ。これはまた次にそれぞれを紹介しましょう。

 さて、お前の腹筋はどうなった?他の話題で逃げるんかい!と思われるかもしれない。man17今日は、背中の日であった。チニング(=手の位置を若干広くした懸垂)を10回3セットから始めて一通りの背中をトレーニングした。最後に腹筋を200回ほどしたが、やはり首が痛い。首のこの筋肉が痛いとはっきり分かるのだが、どうしようもない。

 体重は、ちょっと待って・・・。67kg、やっとブログの左上の写真をとった時に戻った。よっしゃ4日で3kg減、まあ、私にはこれからが勝負だ。いつもはあまり食べたくないブロッコリーもとてもおいしい。↑↑減量用の弁当箱である。まるで幼稚園のじゃりん子みたいだ。

 追伸:今日は、300kcalもエアロバイクもしばきました。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 腹筋やりすぎで首が痛い | トップページ | アナボリック・ステロイド考 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

りえ☆さんこんにちは!

自彊術には本当にお世話になりました。私はこの運動に感謝しています。

老人が、何もしないで、身体の機能を失っていかないための、この運動方法は神の救いだと思っているほどです。

指導者として頑張ってください。

メリハリの効いた、かけ声をお願いします!

投稿: t-baby | 2005年5月14日 (土) 06時51分

 はじめまして。「自彊術」で検索してたどり着きました。フィットネスはやっていませんが、自彊術は現在指導者養成研修に参加しています。ヒットしないだろうなと思いながら検索して引っかかたので、ついコメントしてしまいました。

投稿: りえ☆ | 2005年5月13日 (金) 19時33分

ももさんこんにちは!t-babyです。

ももさんも頑張っていますねー。
「腹筋板チョコ」なかないい表現です。

私も頑張ります!

投稿: t-baby | 2004年12月22日 (水) 23時07分

こんばんは。
「爺婆フィットネスクラブ」大賛成です。
これで気兼ねなく病院改めフィットネスクラブ
通いできる元気なご老人も増えて、
いい事尽くめじゃないですか。
筋力の衰えは万病の元同然。

実は昨日腹筋とスクワットやりすぎて
現在鳩尾の奥に鈍痛が・・・
って、言ってもレベルが全く
違うんですけど。
目標がダイエット、次に腹筋板チョコ状態
ですから頑張りますよ。

それにしてもシュワ氏の最近の肉体の衰えは
目を覆うばかりです。
ミスターアメリカの頃が懐かしい。

投稿: もも | 2004年12月22日 (水) 01時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介護保険制度と筋トレ:

« 腹筋やりすぎで首が痛い | トップページ | アナボリック・ステロイド考 »