« 腹筋強化その1 | トップページ | 介護保険制度と筋トレ »

2004年12月21日 (火)

腹筋やりすぎで首が痛い

 今日は、胸の日であった。しかし、まったく重量が上がらない。片方37.5kgのダンベルを胸のスターティングポジションに持ってくるまでに一苦労だった。このように、あと一歩で重量が上がらないときどうするか、私の場合は、声を出すのである。低い声で、

「チェイやー」と叫ぶ。(今日はウルトラマンタイプのCW-Xではなかったので「ジュワッ」とは叫びませんでした、その時のウェアの模様に左右されます。)

 すると不思議に重量が上がるのだ。ただ、本当はいけないらしい。血圧が一瞬のうちに180くらいまであがり、脳の血管がプツリと切れる恐れがあるらしいのだ。

 恥ずかしい話をしよう。

 今から12年ほど前、バーベルも60kgくらいは持ち上げることができるようになった時である、私は思い切ってあと5kgずつ左右に足して、今までの限界を突破しようとしていた。その時も、「チェイやー」と叫んで、(その時はまだプーマのジャージをはおってました。)70kgを持ち上げたのだ。持ち上げたときはよかったのだが、その後立ち上がった瞬間少しめまいを覚えたのだ。

 初めての経験だったのだが、実は、高重量を持ち上げると時にこんな状態になるとき誰にでもあるらしいのだ。果てなき渇望には鼻血を出しならがベンチプレスをする山本義徳さんのトレーニング風景が描写されている。名前は伏せてあるが、知っている人が読めばすぐに山本さんのことだと分かるのだ。

果てなき渇望―ボディビルに憑かれた人々

中古価格
¥4,194から
(2011/8/22 23:20時点)

山本さん、日本人とは思えないすごいバルクです。

Y-Method 101 ~Document of TOC~

新品価格
¥5,250から
(2011/8/22 23:22時点)

 さて、12年前のその夜、私はその立ちくらみが気になって気になって仕方がなかったのだ。そこで、何も持たない素の状態で首のあたりに「くううー」と力を入れたら再びふらふらとなってしまった。

「これは脳の血管が切れているに違いない。」

 と推測し、すぐにタクシーを呼んで、岡山日本赤十字病院の救急窓口を訪ねた。深夜1時である。この時初めてタクシーに深夜料金があると知った。

「どうされましたか?。」と尋ねる医者に、
「どうも脳の血管が切れたみたいなのです。」と真剣なまなざしで答える私。

すると、
「脳の血管が切れたらねーそうやって話したり動いたりできませんよー。病院にくることすらできませんよー。」と既に相手にしていない。
「いや、せめてMRIをとって下さい。」と私も食い下がった。でも医者は、

「はいはい、分かりました、もし明日朝起きてからも、フラフラしたり、手が痺れたり、足が痺れたりするようでしたら、その時はMRIをとりましょう。今日は、診察代はいいですから、お帰り下さい。」

 やせるドットコムは実は天然大馬鹿野郎だったのだ。もちろん今現在まで、脳の調子が悪いことはない。いや、すでにどうしようもないほど悪化しているのかもしれない。

 さて、今日のトレーニングに戻るが、腹筋がまったくできなかったのだ。100回で終了した。首が痛いのである。昨日650回ほど腹筋をしたのであるが、手を胸にあててやったので、首を全く保護していなかったのである。首の筋肉痛がひどい。100回やったところであまりの首の痛さにやめてしまった。ヘルニアの鈍いいやな痛さではないのが救いである。

 その代わりに、自転車をこいで150kcalのカロリーバナーをしたのであるが、またもやのってきたところで閉館の時間がきてしまった。今さっき体重計にのったら67.5kgであった。まだまだ、道のりは遠い。いや待ってろペ・ヨンジュン。
今日からNHKの衛星で冬のソナタを再放送している、そのノーカット版をチラリ見て再び闘志を燃やしているのだ。

 追伸:嫁さんにも、食事で協力してもらうようお願いさせて頂きました。

bannerBlogランキングに参加しています。20位くらいにいます。いつも押してくださってありがとうございます。

|

« 腹筋強化その1 | トップページ | 介護保険制度と筋トレ »

腹筋が割れるまで」カテゴリの記事

コメント

数ヶ月で作るのは無理かもしれませんが、このブログの右のリンク集にある、真のbefore,afterでは、12週間でいかに変われるかを競っています。

ビル・フィリップスのコンテストではこれが可能なようです。

真偽はともかくとして、あの腹筋にはジェラシーを感じます。

現在66kgです。5日で4kg減!今日会議中ずっと腹の虫が鳴き続け、同僚引きっぱなしでした。

投稿: t-baby | 2004年12月22日 (水) 23時13分

数ヶ月で作り上げたらしいですが、そんな事絶対ムリですよね。元々少しずつ作っていて数ヶ月で仕上げたという事だと思いますがそうなんでしょうか。
先日たまたまペ氏が出ている数年前のドラマがやっていて、シャワーから上がった所という設定で裸になってましたが、全く違うものでした。プヨプヨではないけど、ワークアウトのカケラも見られない普通の筋肉です。
水8リットル/日とか空腹とトイレで就寝中に何度も起きるとか「2度と同じ事はやりたくない」と言うほどツライ体験だったそうですが、見せていただいた写真も人相が変わってしまってますもんね。画像加工疑惑も消えてませんが・・・
感心したのは人間が体脂肪3.3%でも生きていけるということ。私はどの位ムダなもの背負って生きてるんだ、とつくづく思いました。
ちなみに私は韓流には乗ってません、念のため。(笑)

投稿: もも | 2004年12月22日 (水) 02時27分

ももさんこんにちは、コメントありがとうございます。深夜に私のブログをまじめにご覧頂き恐縮しております。t-babyです。

ペ・ヨンジュンさんに勝手に闘志を燃やしておりますが、あの腹筋はフィットネス歴13年の私でもすごいの一言です。彼はプロですなー。ただ、3.3%の体脂肪率は少し疑わしいです。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/11/19/20041119000002.html

岡山の時のコーチがそれくらいでしたが、朝鮮日報のヨン様写真どころではありませんでした。筋肉の標本でした。まず血管の現れ方が全く違います。もっとも血管が見ていました。しかも筋肉のカットとも全く違います。例えば上腕3頭筋と2頭筋と区別ができるではなく上腕3頭筋の中に筋が出ているという感じでした。後にも先にもそのようなカットの筋肉を見たことはありません。

で、お前はどうなんじゃ?って、わたくしはまだトホホの状態です。今朝体重を計ったら67kgでした。10時半にはお腹グーグーです。ああー腹減った。「腹の脂肪よもっと消えろ!」と叫んでおります。

投稿: t-baby | 2004年12月21日 (火) 12時21分

マジメに楽しく拝見してます。
打倒ペ・ヨンジュンへの道が
確実に近づいてますね。
1日にしてぺならず。
その日を楽しみにしてます。

投稿: もも | 2004年12月21日 (火) 03時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腹筋やりすぎで首が痛い:

« 腹筋強化その1 | トップページ | 介護保険制度と筋トレ »