« ビルダーに聞く。「絞る」方法2 | トップページ | マッチョを嫌う女性の心理 »

2004年12月12日 (日)

ビルダーに聞く。「絞る」方法3

Blogランキングに参加しています。どうぞ押してあげてください。現在、なんと22位くらいまであがりました!ありがとうございます!

「それから、一番大切なのは、筋肉トレーニングの後に1時間、自転車を漕いでました。」

「なるほど、それで3ヶ月でどれくらい体重を落としたのですか?。」一番肝心なところを聞いてみた。

「23kg落としました。もちろん腹筋のカットも出てきました。これがその時の写真です。」と後で写真を見せてもらったが、見ると確かにボコボコに割れていました。この写真を見て、人間絞れば絞れるんだと実感したのでした。うなっている私に彼はこう加えました。

「t-babyさんは、メンツァーを知っていますか?。」と。
ある程度トレーニングをしている人で知らない人はいない。マイク・メンツァーを。

ヘビー・デューティですよね。」
「そうです。メンツァーが紹介していた絞る方法は少し違います。機会があれば次は彼の方法を参考に絞ってみたいと考えています。少し難しいかもしれません。」

ヘビー・デューティトレーニングビデオのサンプルMOVIE
http://www.ironman-japan.com/products/videos/movies/movie_hit.htm

 ついにきたか、マイク・メンツァーといえば2001年6月に他界した、ボディー・ビルダーである。彼の考案したヘビー・デューティの理論は現在多くの信奉者がいる。私の岡山時代のコーチも彼の論理を参考にしていた。

 彼から聞いた、メンツァーの絞り方は以下の通りである。

1. とにかく、自分が口に入れているものを1週間から2週間全て洗い出す。
2. ついでに自分の体重と体脂肪を記録しておく。
3. そのカロリーを全部書き出す。この時にカロリー表を参考にする。
4. 1週間後あるいは、2週間後体重が増えているかどうかを見る。

5. 判定し、食事の量を調整する。

  増えていたら ⇒ 食べ過ぎなので減らす
  減っていたら ⇒ 足りないので増やす
  +- 0なら ⇒ 次のステップに進む

6. 体重の増減のないカロリー量を基準カロリーとする。そしてその1日量の
  基準カロリーから1日500kcalを引いた食事を絞る食事と設定する。
7. 1月後くらいに体重が減らなくなったら、(多分飢餓センサーが効くように
  なったら)さらに500kcal少ない食事に変える。
8. トレーニングを併用するが、有酸素運動は絶対に行ってはいけない。

 過酷だ。メンツァーのトレーニングは他の人のトレーニング方法とは全く違う。どうだろうか、多分これは私にはできないだろう。

 ビルダーの友人も、懐疑的だと言っていた。
 それはそうと、私の腹はまだ割れていない。が・っ・く・し。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« ビルダーに聞く。「絞る」方法2 | トップページ | マッチョを嫌う女性の心理 »

腹筋が割れるまで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビルダーに聞く。「絞る」方法3:

« ビルダーに聞く。「絞る」方法2 | トップページ | マッチョを嫌う女性の心理 »