« 少しの油断がデブになる | トップページ | ストレッチの仕方 »

2004年12月25日 (土)

66kgの壁が来た!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

 さあー、やはり壁が来た。66kgから減らない。我が家の体重計は壊れていないようだ。と言っても、最初の5日間で4kg減らしたのだから、まずは良しとしよう。あと4kg減である。

 しゃて、今日は足の日でした。昨日とんねるずの番組にハンマー投げ金メダリストの室伏選手が出ていたが、なんと、フルスクワット240kgできると言っていた。わしゃ、ハーフスクワットで220kgなのに、負けましたなー。ちっきしょう!、あと10才若くトレーニングを始めていれば、負けんのになー。まあ、身長も違うし、わたしゃしながいサラリーマンだし、トレニングは1日1時間以内だし、まあ、ぼちぼちやっていきますわー。

 そこで、室伏選手を思い描き、スクワットをしました。(いやいやホモホモではなく、対抗意識を燃やすためです。)でも、そんなに変わりませんなー。気合で2回くらいしゃがむのが増えたくらいです。一通り足を終え、それから腹筋を300回、首の筋肉痛もようやく取れていました。300回くらいで止めときましょう。首の筋肉痛はもうご勘弁を。

 そして、本日は、クロストレーナを使ったカロリーバナーを行った。

(アマゾン、恐るべし!なんとこんなのも売っていますかー。)

ヤマトヒューマン(YAMATO-HUMAN) プロテウス クロストレーナー YCT-5750N

新品価格
¥66,150から
(2011/8/22 23:19時点)

このクロストレーナはなかなか優れものである。1分あたりのカロリー消費が、他の器具よりもいいのだ。エアロバイクや、ステアマスターよりもよい。多分腕の力も使っているからだろう。なんと30分もしないうちに300kcal消費したとディスプレイには出でいた。足の動きも楕円運動でとても気持ちがいい。やったことはないが宇宙遊泳みたいだ。

 サウナに入って10分、15分はきつい。なんでおじさん達は(って私もそうだが)ああも長くサウナに入ることができるのだろうか。汗を流して、ちんこ裸で体重計、やっぱり66kgでした。


 しゃて、しゃて、ココログでは自分のブログがどんな検索ワードから訪問されているのかが分かるようになっています。1位はなんだと思いますか!?「アミーゴ」ではありません。

 なんと「頚椎ヘルニア」なのです。何でだろうか?ヘルニアに悩んでいる方がそんなに多いのだろうか?。

 実は、その気持ち十分に分かります。検索ワード1位ということで、またヘルニアの話をしましょう。

 この病気は治るのに1年以上かかりました。その間、寝て意識がない時以外は全て左腕が痺れていました。痺れというよりも、痛い。悪いの首だと分かっていても、腕が痛い。しかもそこを押すと痛い。一時期は神経を切ってもらいたいくらいだった。

 頚椎ヘルニアになり出来なくなったこと。

 (1)車の運転

        シートに座って前を見るあの首の角度がちょうど
        神経を刺激するようで痺れが増幅される。

 (2)自転車の運転

        (1)と同じ理由にだが、これに加えて自転車の
        ゆれが、神経を刺激する。

 (3)長時間のパソコン

        だから、その首の角度が神経を刺激する。

 (4)腹ばいで寝る

        首を曲げた瞬間左腕に走る電気びりびり。

 そして、頚椎ヘルニアの人が最も恐れる言葉・・・

 (5)うがい

        歯を磨いた後の、うがいはできませんでした。多
        分この中では最悪の痛さを生じさせます。

【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】頚椎ヘルニア自宅改善プログラム 徳永英光 DVD

新品価格
¥14,800から
(2011/8/23 19:10時点)

Dr.エアー 首筋ストレッチ 21863

新品価格
¥1,260から
(2011/8/23 19:11時点)

けん引機 NB-1

新品価格
¥26,800から
(2011/8/23 19:11時点)

 まあ、これだけ書けば、私が本当にヘルニアを患っていたことが分かるだろう。あと床屋とうのもあったな。まずは、整形外科に行って、MRIをとってもらい、手や腕の痺れ、背中の痛さ、ひどい肩こりの原因がヘルニアであることをはっきりさせ、病気の正体を突き止めることです。

 病気の正体が分かると、萎えた心が復活してきます。

 それから、その商売をやっている人には申しわけありませんが、国家資格無しでできる整体やカイロなどに頼らないこと!。特に病気になりたての時(急性期)、それをやると悪化します。

 ヘルニアの急性期の禁忌(やってはいけないこと)は、動かすことです。

 (1)とにかく安静にする
 (2)ある程度動かすことができるようになったら、牽引などする。
 (3)痺れがなくなったら、トレーニングして筋肉を鍛え、椎間板への負荷を減らす。

 という順序になります。これは順調に治った時の道筋ですが、(1)の後、全く変わらない、逆に握力が落ちて何も持てないなどなる場合があります。これは神経が傷ついているからで、この場合は早く手術する必要があります。神経は一度傷つくと修復できないのです。不可逆なのです。

 とかくこの病気は気持ちが本当に萎えます。しかし、心配はいりません。人間死ぬまで身体は治るのです。癌で今にも死のうとしている人でも、引っ掻き傷は必ず治ります。ヘルニアは薄皮をはがすように少しずつ少しずつ治ります。

 頚椎ヘルニアの皆様、とにかく、ゆっくりあせらずご自愛ください。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 少しの油断がデブになる | トップページ | ストレッチの仕方 »

腹筋が割れるまで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 66kgの壁が来た!:

« 少しの油断がデブになる | トップページ | ストレッチの仕方 »