« ムキムキになるのを選んだ | トップページ | プロテインとは何か? »

2004年10月22日 (金)

五右衛門風呂

 わしが子供のことに夢中になっとんたんは、薪ひろいじゃ。今日はトラックバックを練習します。トラックバック野郎の記事で「子どものころ夢中になったもの」とあったのでご紹介します。やせるとは全く関係ありません。

 わしの家の風呂は五右衛門風呂で、火を焚かないと風呂が沸かんかった。しかし、人工燃料を買うほど裕福じゃないので、道を挟んですぐ浜だったので、浜に竹やら木切れやらよう拾いにいった。そして庭にそれを干して、これで風呂を沸かしとったんじゃ。

 五右衛門風呂は、子供が拾える3日分くらいの木切れで1日分の風呂が焚けたな。五右衛門風呂は、体の芯からあったまった。底が熱いので、中にすのこのような木をバランスとって沈めていたなー。ちょっとしたサーフィン・・・、じゃ、ないか。

 竹を燃やすと、ぱちぱちと音が出て、まだ中に残っていた水分がジューっと音を立ててしみだしてくる。これを見るのが好きじゃた。煙で目がしみるのだが、好きじゃった。木切れがないときは防砂林の松林のまつぼっくりを木切れの変わりにしたな。まつぼっくりはよく燃えたが、すぐに燃え尽きるので嫌だった。井戸水なので水の心配は全くなかった。毎日新しい風呂を沸かすのは長男の仕事だった。

 浜には色々なものが落ちていた。まだ、軍艦島で石炭を掘っていたときは石炭も流れてきていたな。海の潮にもまれて、石炭がまん丸になっていた。外国のおもちゃも、時には椰子の実も流れてきた。ソフトボールも軟式野球ボールも100個くらい拾ったなー。玄関の前に網に入れておいていたら新聞配達の兄ちゃんがボールをくれとねだったなー。

 時には、1メール以上のでかいくらげや、海亀が打ち上げらたりして、海亀の甲羅は鼈甲色してカンロ飴のようでおいしそうだった。しばらくしたら腐って朽ち果てていたが。 同級生が死んだゴンズイを蹴り上げたら、その骨が中指に刺さり、次の日には親指が2本になっていた。ゴンズイは死骸でも毒が残っている。夏休みに貝殻を拾って標本にして自由研究で出したら金賞をもらった。

 18になり都会に出て、アワビとかサザエとかウニとか、干潮の浜で採ってきて食べていたものがえらく高いの知ってびっくりした。大学の先輩が、すし屋でおごってくれて、「こんなん食うたことないやろ。」と言うとったけど、18の時までにすでにこの先輩が生涯食べるあろうアワビ、サザエ、ウニの10倍の量はすでに食うとったやろなー。都会のウニは金色から茶色に変わって半分腐ってキーーンとした鉛筆の芯のような味がする。それをありがたがって食うとる、みんな馬鹿だ。

 だけど今は、私も東京に住んで、茶色いウニを時にありがたく食べている。田舎でもダイオキシンが出るからと自分の家の紙ゴミすら燃やすのも条例で禁止になったらしい。あの浜でもう25年も泳いでいない。

hama.jpg

 6月下旬から7月初旬にかけて、海上自衛隊がボランティアで来てきれいにしてくれる浜。家からこの浜まで歩いて30歩だった。

 会議会議の毎日である。フィットネスジムが休みの今日は遅く家に帰りユニットバスで2日目の追い焚きの風呂に入った。

 五右衛門風呂のあの頃には、もう、決して帰れない。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« ムキムキになるのを選んだ | トップページ | プロテインとは何か? »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、よーこさん、コメントありがとうございました。

t-baby@仕事中です。

私も五右衛門風呂の話はトラウマになっています。

さて、なかなかの描写でおばあさんの姿が目に浮かんできました。でも、私は軍艦島で仕事はしていません。私の文章が誤解を招いたようです、軍艦島で軍艦島の皆さんが石炭を掘っていたというのが正解です。1974年に閉山で、その頃、私はまだ10歳です。幸い10歳で石炭を掘らねばならないほど悲惨な社会ではなかったことに感謝しています。
 軍艦島から船で石炭を運んでいましたが、その船がよく私の町の港にも寄っていたようです。それで運んでいた石炭が海にこぼれ落ちて、浜に打ち上げられてきていたのでしょう。

 私の家の五右衛門風呂も離れにあって、怖がりの私は、近所のじいちゃんといつも一緒に入っていました。長崎では怖がりを「ひえじご」と呼んでいました。親から「ひえじご」と呼ばれていました。

投稿: t-baby | 2004年10月22日 (金) 14時07分

五右衛門風呂!私も幼い頃に1度入ったことがあります!
五右衛門風呂に入りながら、石川五右衛門の処刑の話を
聞いたので、怖かったとしか記憶が・・・(^^;)
トラウマ気味(^^;)
五右衛門風呂ではないですが、私のおばあちゃん家が木でできた丸いお風呂でした。
外で、ボタ山から拾ってきた石炭のカスを入れて
木の枝を入れ、破いた雑誌に火をつけて、お風呂を沸かして
いたと思います。途中で湯が冷えてきたら、ばあちゃん
素っ裸で外に出て沸かしてました(笑)
軍艦島でお仕事なさってたんですね!
夏、軍艦島へ行ってきました(^^)

投稿: よーこ | 2004年10月22日 (金) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/40939395

この記事へのトラックバック一覧です: 五右衛門風呂:

« ムキムキになるのを選んだ | トップページ | プロテインとは何か? »