« フィットネスのファッション? | トップページ | 食事の回数 »

2004年10月19日 (火)

やせる定義

 私のブログを見て、「何やー、ボディビルの話か?」と思われた方もいるかもしれません。一時期は、ビルダーを目指してましたが、どうも私の体はハードゲイナーらしく今以上にマッチョにはならないようです。「俺を兄貴と呼んでくれ」のゲイではありません。「ハードゲイナー」とは、「他の人よりも筋肉がつきにくく、体重も増えづらい」人の事です。シュワちゃんは逆の「イージーゲイナー」です。

 今以上にマッチョになるには①食事を変える②トレーニング方法を変える(時間を増やしたり重量を変えたり)必要がありますが、腎臓に負荷がかかるので今のままで抑えています。

 しゃてしゃて、今日はお待ちかねの「やせる定義」です。 

 ずばり、「やせるとは、筋肉量を保持しながら、体脂肪を減少させる」ことです。

 この筋肉量のことを除脂肪体重(Lean Boby Mass)とも言います。(例えば東海大学の柔道金メダリストの山下泰裕先生も論文でそう言っていました。)

 しかーし、世の中には「体重を減らすことイコールやせること」だと勘違いしている人が沢山います。「筋肉量も落として、ついでに体脂肪も減少させる」ことを実践している人たちです。これはやせるのではなく

 衰・弱・といいます。死にかかっているのです。

 死にかかっているのですから、あなたの意志とは全く関係なしにホモサピエンスの遺伝子が、元に戻そうとします。多分凡人には即身仏になるほどの強い意志はありませんから遺伝子の意志に負けます。そしてまた生きるようになったその姿を鏡に映して「ああーーリバウンドしたわー。」とがっかりするのです。しかしホモサピエスの遺伝子はきっとホッとしています。50億年の歴史がある生命のルールに、2,30年生きた人間の意志が勝てるわけがないでしょう。

 このホモサピエンスの遺伝子を自分の味方につけないと絶対やせません。どの道この世からなくなるくせして、生きている間この遺伝子はよくあり続けようとします。健康的な方向に向かないとうまくいかないのです。遺伝子を味方につける方法が学べるのが運動生理学です。

 でも難しく考えないで常識で考えれば分かります。「りんごダイエットだと、りんごばかり食うて生きれるわけなかろう。はい、リバウンド。ブー。」って感じです。

 今の35歳以上の方々の頭の中には多分、あしたのジョーの力石徹の壮絶な減量こそががダイエットだというトラウマがあるのかもしれないですね。

ああしなければ痩せない。痩せるためにはあそこまでと。でも結局彼もお亡くなりになりましたよね。

 と偉そうなことを言っている私は、今日、フィットネスクラブに行っていません。日帰りの出張で帰ってきたら10時でした。嫁さんの沸かしたお風呂に久々に入りブログに向かっております。では、おやすみなさい。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« フィットネスのファッション? | トップページ | 食事の回数 »

やせる理論」カテゴリの記事

コメント

トラックバックさせていただきました。
>『やせる定義』
>「やせるとは、筋肉量を保持しながら、
>体脂肪を減少させる」こと
『リバウンド。ブー。』にならないように気をつけます。

投稿: ブロウ | 2005年2月18日 (金) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/40939392

この記事へのトラックバック一覧です: やせる定義:

» イージー・ []
イージー・ゲイナー [続きを読む]

受信: 2005年2月18日 (金) 00時36分

« フィットネスのファッション? | トップページ | 食事の回数 »